塾講師が【稼げる】在宅副業はコチラ

私立教師の女性の服装とファッション、髪型などの決まりについて現場より

就職活動の大学生がリクルートスーツを着用するように、仕事中はビジネスマンやOLもスーツ着用がマナーです。

同様に、学校の教師になりたい人も、教育実習や採用試験は黒スーツを着用している人がほとんどですね。

面接の時にも、仕事はスーツで、と言われることがほとんどです。それは男女問わず。

究極の結論は、女性私立教師の服装とファッション、髪型は「スーツに清潔な薄化粧と、きっちりとした髪型」つまりリクルートのような恰好が理想です。

目次

女性教師は私立も公立も基本はスーツ

教師は男性、女性、公立、私立を問わず、基本は「スーツ」です。

かつての女性教師の場合は「スカートスーツ」が基本でした。

これは、女性の冠婚葬祭時のマナーで、女性の正装・略礼装は「スカート」という理由だからでしょう。

しかし、近年になって男女差別や男女雇用機会均等、ジェンダー等の観点から女性にスカートを強要することはなくなりました。

これは学校も同じで、女性教師の中でもパンツスーツ姿が増えています。

男性がビジネスで利用するパンツはスラックスと呼ばれるビジネスを目的とした素材とデザインのものです。

女性の場合、スーツになっているパンツはこれに準ずるものですが、どんなものでも良いというわけではありません。

この違いを知っている女性教師は少なく、ほとんどが間違った普段使いのパンツで教壇に立っています。

中には、綿パンツやスキニーパンツ姿の女性も多く「ちょっとお買い物」という、TPOが異なる姿でお仕事をしている人もいます。

そこで、初めて教壇に立つ新米教師の皆さん、新しい学校で再起を目指す女性教師の皆さん、服装に迷ったらスーツを基本にしましょう。

女性教師の服装は学校で違う

公立の小学校では「動きやすさ」「汚れても大丈夫」といった意味で、授業も掃除も、体育も全てジャージ、という女性教師も大勢います。

皆さんも、担任の先生が普段はジャージで、授業参観の日や面談の日だけスーツを着ていたな、という思い出があるのではないでしょうか?

小学校の場合は授業で様々なお手本に先生自身がなります。

そこで、教室掃除や体育授業など、身体を動かし服が汚れる可能性がとても高くなります。

そのたびに着替えるのが一番だと思われますが、先生は忙しすぎて、休み時間に着替える時間もありません。

そのため、一日中ジャージ姿で過ごしてしまう先生も大勢います。

しかし、中学以上になると体育は「体育教師」の仕事になるため、教師の中でも普通の服で過ごす先生が増えます。

中学以上では、子供たちの服装によって学校の雰囲気が異なります。

制服の学校もあれば私服の学校もあります。

学校によって校則も校風も異なり、それは教師の服装にも表れてきます。

公立、私立に関係なく、制服のない私服校は、生徒も自由なため教師にも自由度が増す傾向があります。

逆に、制服があり校則も厳しい学校では、教師の服装にも厳しさが見えてきます

モーレツ時代と呼ばれた30年位前までは、教師にも揃いのブレザーがあり身につける、という学校もあったようです。

現在の中高私立の女性教師の服装は、その学校の校風やレベル、環境、子供たちの家庭や親の経済状態などによって異なってくるようです。

私立教師の1年目はスカートで登校が無難

これから、私立の教師になる人におすすめしたいのは、スーツ、またはオフィスカジュアル的な服です。

しかし、できれば最初の1年は、スカートにしましょう。

男性のパンツスーツは「スーツ」素材のスラックスと呼ばれるズボンです。素材はウール、またはウールに見せた化学繊維です。

ところが、女性のパンツスーツはポリエステル素材です。ウールの女性用パンツは少なく、綿との混紡のものが多く普段使いのものとほとんど区別がありません

そのため、女性のパンツ姿は「コレ」というビジネスライクなものがないため、自己管理が難しく、中には「それって普段履きでは?」というようなスキニーパンツやジーンズ姿で教壇に立ってしまう人もいます。

ジャケットを羽織ればまだよいのですが・・・。

 

「セーターにパンツ姿で、後ろから見るとお尻むっちり」という女性教師には、正直先輩講師から見るとドン引きされてしまいます。

若い女性教師の中にはこういった服装の人を見かけることもあり「仕事に来ているのか男をあさりに来ているのか…?」なんて陰口をいわれてしまいますよ?

思春期の男子も多いので格好には気を付けてください

男子生徒に何を言われても「セクハラ発言」と言える立場ではないですね。

芸術系の教師は派手目の服装も多い

ただ、予備校と兼任の先生、芸術系の先生に多いのは、自由度の高い服装です。

ゴスロリ風のドレス姿やチュニックにパンツ。ジャケットやカーデガンとコーデすることなしで、直接Tシャツをむき出しで着ている人もいます。

ジャケットの内側に着るインナーなら良いのですが・・・。

芸術系だけに一応流されている感じはします。

よく「華美にならない服装」と言いますが、華美以前に普段着すぎるのでは、といった感じです。

確かに、男性でもカジュアルなオフィス姿を目にするようになりました。しかし、男性教師でこんなに砕けた服装をしている人はどの学校に行っても見かけません。

新任の教師があまりにも砕けた服装をしていると周囲の教師からは「安っぽく」見られてしまいます」

ただし、これも学校の校風次第なので「自由度が高い学校ではあまり気にしなくても良い」という場合もあります。

面接の時に「男性の教師が着るスーツに準ずる服装」と言われたら、できれば一年は、ジャケットスーツやワイシャツにスカートで過ごしましょう。

地方の学校と都会の学校では教師の服装にも差が出る

女子生徒間で制服の着方、ジャージの扱い方など「都市部」と「地方」では違うことにお気づきですか?

地方に行けば行くほど、女子の服装は自由になり乱れていきます。

その理由は公共交通の利用の違いです。

都会、特に東京23区内の学校は、山手線や京浜東北線、埼京線、地下鉄とサラリーマンやOLに混じって通学します。

暑い夏はパラソルを片手に、寒い冬はしっかりと校則の黒タイツにダッフルコートやピーコートを身に着けています。

教師も同じで、公共交通を利用するため、女性教師の服装はきっちりとしています

保護者も含め、いつ、誰の目があるかわからないため、TPOを守っているからです。

しかし、地方に行くと電車ではなく、車通勤の教師が増え、また子供たちも自転車通学が増えます。

女生徒の中には、寒い冬は防寒のためにスカートの下にジャージを履く「埴輪ファッション」姿になります。

昭和後期に、一部の地域で流行りましたね?

真冬はコートは着用せず、首に厚手のマフラーを巻き、制服のジャケットの中にトレーナーやフリース、といった服装の女子生徒も見かけます。

真夏は、学校指定のポロシャツやワイシャツをだらしなく着崩し、ベスト着用を指定しているのに、なぜか汗をダラダラ垂らしながら、セーターやカーデガンを羽織っている女子生徒もいます。

都内の女子生徒は、制服を着崩すと型崩れしてしまうことを知っています。

全体的に周囲の目を気にするため、おしゃれ度は高くなります。

制服がある学校で着崩すという姿はほとんどなく、個性を出すためには小物やセカンドバッグ、日傘、帽子などで自分らしさを主張しています。

同様に、都内の電車通勤の教師と、地方の電車や車通勤の女性教師でも、服装の選び方に違いが見られます。

電車通勤の教師はともかく、車通勤の女性教師の中には、近所のスーパーに行くような服装になる人もいます。

生徒ウケと親受けの両方を考えないと服装に突っ込まれることになってしまいます。

「こんなことを言われる筋合いはない」というのなら、男性と同じようなきっちりとしたスーツ姿で教壇に立ちましょう。

私立でもセレブ度で教師の服装が違う

都内や神奈川の有名校の中には、政財界や芸能界など、いわゆるセレブな家庭の子供ばかりが通う私立学校もあります。

しかし、東京郊外、千葉や埼玉、そのほかの地方などでは、生徒の家庭の多くはは地元の名士や中小企業経営者家庭、一般サラリーマン家庭や公務員家庭です。

生徒も保護者も、大型スーパーやファストファッション店で手に入る、普通の服装をしている人たちばかりです。

そのため、私立でも公立と同じように、男性教師のスーツも、ロードサイドにある紳士服の「吊るし」、いわゆるプレタポルテ(既製服)のスーツが多くなります。

女性教師の服装もそれに準ずるため、高級ブランド姿の先生を見かけることはほとんどありません。

しかし、都内の一流私立になると、男性教師の服装のランクも上がります

中には、ブランドスーツを着ている管理職教師の姿を目にすることもあります。

それに倣って、女性教師の服装にも百貨店やブランドの服が増えます。

バッグなどもブランド物が増え、とてもおしゃれです。

これは、子供の見る目にも違いが出るためです。

常に本物の良いものを見ている子供たちは目が肥えています。

親の服装も一流ぞろいです。そこで、いわゆる有名私立付属校ではあまり安価な服は避けるのでしょう。

たとえ、さほど値段をかけなくても、清潔感がありキチンとした服を選ぶようになります。

高級ブランドではなくても、スッキリと見える服、こなれ感のある服を選んで着るようです。

女性私立教師の髪形とアクセサリーの規定は?

学校を決める時、子供の中では「校則が厳しい学校、緩い学校」というのも判断基準となります。

校則の中には、服装に関して全て自由な学校から、制服の着方を始め、アクセサリーや化粧、髪型と一つ一つ厳しい学校もあります。

厳しい学校では、学生に準じて「アクセサリー」を禁止している学校もあります。

この場合のアクセサリーで基準となるのはピアスです。

しかし、学生は禁止しても教師にこれを適応している学校はほとんどありません。

つまりピアス禁止という学校は少ないのです。

また、既婚者もいるため、指輪についての規制がある学校はなく比較的自由です

髪型も生徒は肩より長い場合は結わく、といったものがあっても、これを教師には適応していない学校が一般的です。

しかし、女性教師のほとんどは、ある程度同じような髪型になります。

短い髪型の人は、ショートボブ、ボブスタイルを多く見かけます。

肩よりも長い髪型の場合は、ストレートのままの人と、後ろで低めのポニーテールの人に分かれるようです。

また、長い場合は普段はストレートでも、仕事中は後ろで結わくという人がほとんどです。

これは、長い髪を流していると髪が邪魔になる、汚れるといった理由からでしょう。

また、校則ではなくても、教師のほとんどは髪を黒、または濃い茶にしています

カラーリングも自然なものならOK

ただ、年配の教師の中には白髪が目立つことがないよう、明るめの色に染めている人もいます。逆に年配に見られたくない、そう考える人が多いのか、ほとんどの女性教師は黒髪を保つように努力しているようです。

自分の学校は地方だから、セレブな子供ばかりではないから、といっても、教師は生徒の見本になる存在です。

だらしない服装やTPOに反する髪型をしている教師に、生徒の校則違反を注意する資格はありませんね。

こういった理由からも、女性私立教師のほとんどは、シャツやブラウス、セーター、カーデガン、ジャケットといったトップスに、長めのスカートを合わせるのがスタンダードのようです。

女性教師におすすめのブランド

毎日私服で仕事をする教師にとって「服」はユニフォームです。

男性教師は、数着のスーツを持っていれば、ワイシャツとネクタイで全く違うイメージの服装になります。

女性教師の中にも、同じスーツの中に、色々なワイシャツやブラウスを合わせることで、変化を付けている人もいます。

しかし、どうしてもスカートやパンツが同じというだけで、あまり大きく違って見えることがありません。そこで、どうしても複数の服が必要になります。

そこで、女性教師におすすめの、オフィスカジュアルを楽しめるブランドをご紹介しましょう。

ドゥクラッセ

働く女性の中で人気が高まっているのが、ドゥクラッセです。シンプルで上品なこなれ感のある服が多いのが特徴です。

ブランドのコンセプトは「40代からの働く女性のために」ということで、少しベテランになった女性教師におすすめしたいアイテムを多く揃えています。

ブラウスやシャツ、ボトムなど3,000円から7,000円と比較的リーズナブルな価格のものが多いのもおすすめのポイントです。

スカートもパンツも、オフィスカジュアルを意識した素材とデザインのものばかりですので、女性教師の服装としてもピッタリです。

イエナ

ブラウス、セーターやボトムが10,000円台と、少し贅沢な価格のような気もしますが、品質の良い服が人気のブランドです。おしゃれで仕事ができる女性に人気のブランドで、女性教師の服にもピッタリです。

20代の、まだ自分にお金をかけることができる女性教師におすすめです。子供たちにもおしゃれな先生の姿を、ぜひ見てもらってはいかがでしょうか?

SHIPS

エレガントな服が人気のSHIPSは、世代を超えて人気のアイテムが豊富です。オフィスカジュアルからデイリー使いができる服装と、種類も豊富で、20代の女性教員にも、40代のベテラン教員にもおすすめです。

ファストファッション

このほかにも「ZARA」「H&M」「GAP」「ユニクロ」という世界4大ファストファッション、イトーヨーカドーのオリジナルブランド「GALLORIA」などがあります。

比較的にリーズナブルな価格で購入できるファストファッションは、チョークの粉で汚れてしまっても、自宅の洗濯機で洗えるアイテムが豊富なため女性教師の服装にピッタリです。

他にも、紳士服の「はるやま」など、メンズスーツのお店でもレディースを展開しているものがあります。紳士服を作るお店なら、レディースのスーツもシャツもオフィスにピッタリです。

お得に着まわしたい人はレンタルファッションもオススメ

部屋の中に服がたまってしまう人におすすめなのはレンタルファションです。服は購入する時代からシェアに切り替わっています。

毎日の服装選びに悩む人も、服でタンスが埋まってしまう人も、一度試してみるのも良いかと思います。

 

まとめ女性教師のファッション

女性教師の服装に決まりはありません。しかし、「男性教師と同じ仕事ができる」と見せたいならスーツを、仕事ができる女性の姿を子供たちに見せたいのなら「オフィスカジュアル」を基本に選びましょう。

子供たちにとって学校は「勉強」を学ぶ場ですが、先生にとっては職場、つまり仕事場です。遊び場やくつろぐ空間ではありません。

誰が見ても、仕事にふさわしいファッション選ぶ、「オフィスカジュアル」以上の服装をする、というのは当然の選択肢ではないでしょうか?

よかったらシェアしてね!

気軽にどうぞ♪

/

目次
閉じる