塾講師が【稼げる】在宅副業はコチラ

【コレ本当!?】私立高校の給料と待遇を大暴露!非常勤は要注意!!

企業の給与や福利厚生がピンからキリまであるように、私立高校の給料やボーナスは様々です。仕事は楽だけれど給与が安い学校、給与は良いけれどハードワークな学校と様々です。

また、企業以上に教員の給与は学歴がものを言います。

大学卒、大学院卒、博士課程卒と数万円単位で違ってきます。また採用の形態でも、給与や雇用保証はかなり違います。

それでは、様々な学校や採用による、私立高校の給与形態についてご紹介しましょう。

目次

高校教師の給与

高校教師の給与は、年齢×1万円と考えてもらえるととてもわかりやすいです。

現在でも年功序列、経験重視というのが教員の世界です。

また、学歴も重要になるため、新任でも学卒、院卒、博士卒では23万、25万、27万というくらいの違いがあります。

それでは、高校教師の給与についてのお話です。

  • 新任教師の給与
  • 教員の給与差は何で決まる?
  • 平均ボーナスと年収
  • 常勤講師・非常勤講師の給与

    私立の新任教師の給与

    公立の教師の給与は、一般公務員よりも数万円上乗せされています。

    理由としては、残業手当がほとんど出ない、部活の顧問など休日でも出勤することが多いといった理由です。

    夏休みもほとんどないのが現状で、新人教師はお盆休み中も洋上研修などが入っています。

    しかし、それは私立も同じで、私立の場合はハッキリ言ってピンからキリまでです。

    新任教員の場合は、大卒で23万円前後、院卒で25万円前後、博士課程で27万円前後ですが、これは公立の教員よりも数万円少なくなっています。

    その代わり、残業手当を支給している学校もあり、休日出勤もしっかりと支給されます。

    新任の場合でも、他の企業での就業年数や、非常勤講師としての経験年数などを加味する学校も多くあります。

    そのため、同じ新任教師でも、大卒すぐの教師と、社会経験がある教師では初任給が異なることは良くあります。

    また同じ新任でも、ある程度の実績を認められての引き抜き的な教員の場合は、他の私立に移ってもかなりの高給を確約されています。中には、月給50万円以上の人もいます。

    しかし、自己都合による転職で移る場合は、30万円くらいが上限だと考えてください。それでも、他の業界を考えると、転職でいきなり30万円を約束されているのは、優遇されていると感じるかもしれません。

    また、給与の良し悪しは学校の人気のバロメーターにもなります。

    人気の附属校は教員の給与もそれなりに良くなりますが、生徒数が危うい学校は、教員の給与もあまり良くないのは一般企業と同じです。そのために、悪循環を起こしてしまう学校もあり、年間を通して教員を募集しています。

    待遇のよい私立学校を見極めるコツ

    中でも、一番目安になるのが、「技術家庭」の教員で、この教科での教員募集をよく見かける学校は、教員への待遇、または生徒の指導に問題があり、教員が長続きしない学校とみて間違いありません。

    早慶、GMARCHの附属私立は、給与の安定が人気であまり教員の募集をかけることなく、教員のほとんどが附属の大学の卒業生の中から採用試験によって、そのまま新任教員となることができます。

    しかし、こういった附属の大学にないのが「技術家庭」の教員養成課程です。

    主要五教科は、多くの大学で免許が取れます。

    それだけに、技術家庭という特殊な教員は、本当に良い学校でないとなかなか成り手がいないのが現状です。

    多くの学校の教員を目指すとき、「技術家庭」の教員募集は「良い学校か悪い学校か」を見分けるバロメーターになります。

    教員の給与差は何で決まる?

    教員の世界は、営業成績などあからさまな成績はありません。

    そこで、営業成績の代わりとなるのが、「進学実績」「大会の勝利実績」「コンクールでの入賞実績」になります。

    ここで有利になるのは、有名進学校の主要教科の教員、野球やサッカー、吹奏楽の有名校の顧問です。

    こういった学校で気を付けるべきは「勝敗」です。

    「勝っている」時は、大変優遇されます。中には、他の教員よりも給与の上乗せ分が高い学校もあります。

    しかし、その分夜遅くまでの指導、朝早くからの指導と教員の残業時間も半端なく、中には家庭生活が崩壊してしまう、といった例もあります。

    また、コンクールで全国へ行くのは当たり前、入賞するのは当たり前、という実績を一度でも裏切ると、減給どころか、年度途中でも解雇されてしまうこともあります。

    私立で給料にはあまり反映されない実績とは?

    逆に、あまりメジャーなコンクールや大会がない部活では、全国に行っても給与が変わらない、マイノリティーな教科や部活を指導していると、給与には影響がないという教員もいます。

    その最たるものが「情報」や「書道」「華道」「手芸」「技術家庭」「地理」「地学」といった科目や部活動です。

    こういった科目や部活を指導する教員は、全国大会で優勝する、テレビで名前が報道されるといった実績がないと、どんなに頑張っても、見向きもされません。

    遅くまで仕事をしても手当どころか残業代も出ない、といった学校もあります。

    社会に出れば、「情報に強いほうが良い、字は上手なほうが良い、地図が読めたほうが良い、料理や裁縫ができたほうが良い」と、本当は大切な科目や部活なのですが。

    公立なら教科関係なく、昇級試験や学年主任、教頭試験などに合格すれば科目関係なく、教頭先生、校長先生に昇進できます。

    しかし、私立の場合は「英語」「数学」「東大」「京大」といった主要科目の教員、東大・京大と学歴がものをいう、というのが昇進や給与にも反映されているのが現状です。

    私立学校の平均ボーナスと年収

    教員のボーナスは企業のように景気に左右されることがほとんどありません。

    中でも安定して生徒を確保できている私立は、ボーナスも安定しています。

    特に、都内の大学の附属は給与もボーナスも、大学の教員とほぼ同じ条件で設定されています。

    年間、およそ6倍で、夏に3倍、冬に3倍という学校や、夏は2.5倍、冬は3.5倍という学校がほとんどです。

    新任でも年間120万円を超えるボーナスをもらえる職種は、今時少ないかもしれません。

    そのため、都内の私立教員のボーナスを含めた平均年収は、様々な職種の中で、常に上位ベスト5にランクインしています。

    令和2年現在、25歳から59歳の平均年収は450万円と言われています。

    私立教員は、新任で400万円、50歳前後で1000万円と言われます。

    しかし、その分仕事がハードワークという意見もあります。

    ここで、他の職種から見た私立教員の良いところは、ハードワークに対してキチンと給与という見返りがあることです。その点は、私立教員は良い仕事と言えるかもしれません。

    私立学校の常勤講師・非常勤講師の給与は格差が激しい

    ここまでのお話は、専任教員、つまり正社員のお話です。教員の問題は他の業種以上に、専任教員と非正規、特に非常勤講師の格差が激しいことです。

    まったく同じ授業、同じ内容を求められていても、時給制、さらに本人の意思に関係なく行事や祝日は給与なし、しかし、時間外労働が2倍以上でその分は、まったく支給されないという現状です。

    時給は1800円から3000円が相場ですが、学校によっては上限が2700円と決めている学校もあり、ベテランの先生でも仕事時間に換算すると、時給1000円くらいになってしまう人もいます。

    採点、試験問題の作成、時間外の生徒の質問対応、こういったことは非正規の教員でも同じように行っています。

    私立の学校では、ボーナスが出ない、女性の教員の場合は中途半端に10万円を超えても夫の扶養に入ることもできず、社会保険にも入れない、という例がほとんどです。

    仕事内容は変わらないが非常勤の待遇は悪い

    それでも労働基準監督署は、何も動いてくれません。非正規雇用の問題があり、他の業界はしっかりと保険制度が見直されましたが、学校教育の現場は一番ブラックです。特に酷いのが埼玉県をはじめとする首都圏で、ほとんどの非常勤講師は泣き寝入りしています。

    中には、3校も4校も掛け持ちしたり、夜に予備校の仕事を入れて家族を養っている人もいます。講師の先生が入れ代わり立ち代わり、といった学校も珍しくありません。

    子供を学校に入学させるとき、または教員になるときは、こういった内部の事情も確認して、学校を選ぶことが大切になります。

    高校教師の生活費のやりくりも常勤と非常勤は大違い

    専任教員となると、給与、ボーナスとかなり余裕があり、贅沢をしている人も多くいます。30代で5000万円以上の家を購入しても十分に支払っていくことができます。

    都内では、千代田区の住民は「し」が付く仕事をしている人が多いといいます。

    「弁護士」「医師」「代議士」「税理士」「博士」そして「教師」です。

    水道橋、お茶の水、神田付近の家賃30万円から40万円の賃貸マンションでも、十分に支払うことができる、という教員もいます。

    私立も週末休暇は取りにくい

    土曜日が休みになって、夏休みがなくなった、という話を聞きますが、これは公立の教員です。

    私立は土曜日も授業をして、夏休みも夏期講習や部活で休みはほぼありません。

    しかし、ほとんどの学校は盆暮れ正月は、「学校閉鎖」をしているためその期間は休める学校もあります。

    盆暮れ正月の最も料金の高い期間に、毎年海外旅行へ行く、という教員もいるようです。

     

    とはいっても、教員のほとんど共稼ぎになります。

    ハードワークのため夕食を作る時間がなく、子供がいる家庭でも、毎日デパ地下の総菜が並ぶ、ということです。

    生活費のやりくりには困らないけれど、共稼ぎを余儀なくされる、そして家庭でのやりくりは、というと問題がある家庭が多いのが教員の生活です。

    非常勤講師の場合は、専任教員よりも部活動がない分、休むことはできます。

    家庭が崩壊することはありませんが、その分収入が少なく、家賃手当もありません。

    贅沢をするどころか、夏休み中は、他のバイトをして生活費のやりくりをしている教員もいます。

    これが教員の収入で、生活費のやりくりは、専任教員と非常勤講師では、まったく違います。教員を目指すときは、こういった点も理解して、目指してください。

    よかったらシェアしてね!

    気軽にどうぞ♪

    /

    目次
    閉じる